ネット婚活においてプロフィール写真の効果は絶大です。
文章だけでなく、魅力的な写真があることで男性は想像力をかき立てられ、「会いたい」という気持ちが高まっていきます。
今回は、ネット婚活における男性が会ってみたいなと思う写真について紹介していきます。

目次
1.メイン写真とサブ写真
2.女性は目立っていますか?
3.絶対に使ってはいけないサブ写真例

メイン写真とサブ写真

プロフィールにはメイン写真とサブ写真があります。
メイン写真は1枚目に使用される写真で、会員一覧のサムネイル写真にも使用されています。
まずここで気に入ってもらわなければなりませんが、その後個人のページを訪問してもらったときに、見てもらう、他数枚の写真をサブ写真と言います。
moteru82
サブ写真はバラエティに富んだ写真が望ましいのですが、ただいろいろな写真を載せれば良いというわけではありません。
このポイントを外してしまうと、いくら良い写真でも男性からはスルーされてしまう可能性が高まります。

女性は目立っていますか?

男性は何のための多くの写真を見たいと思っているのか考えてサブ写真を載せていますか?
男性は女性のプロフィールを見て、女性自身に興味を持って、個人ページを訪問するわけです。
サブ写真と言えども女性が目立っていない写真は意味がないと思ってください。

背景や小物が目立つような写真はアウトです。
できれば親戚の赤ちゃんをだっこした写真や、かわいいペットと一緒に写っている写真なども避けた方が良いでしょう。

ではそういう写真が良いのか。
押さえるべきポイントは2つです。
1,プロフィールとマッチした写真
2,女性友達との写真

1,プロフィールとマッチした写真

女性だって時間が経つと変わっていきます。
お気に入り写真でもあまりに今の印象と違いすぎると統一感がなくなってしまいます。
少なくともプロフィールにマッチした写真を載せるようにしましょう。
moteru83
例えば「趣味はお菓子作りです」と言いながら、サブ写真にスノボのようなアクティブな写真を載せてはいけません。
イメージがぶれるからです。

2,女性友達との写真

「類は友を呼ぶ」という言葉を聞いたことはありますか?
いくらあなたが清楚系を装っても、女性友達が派手系なら、「きっとこの女性も派手系なんだな」と思われます。
逆にプロフィールが嘘偽りのないものであれば、女性友達との写真を載せることで、日常の雰囲気を感じ取ることができるからです。

絶対に使ってはいけないサブ写真例

先ほど女性が目立つ写真をオススメしたように、絶対に使ってはいけない写真があります。
1,お気に入りの景色写真
2,旅行写真
3,ペットとの写真

1,お気に入りの景色写真

moteru84
自分で撮った美しい景色の写真を載せている人がいますが止めましょう。
もし男性が本当に美しい写真を見たいのであれば、ネット検索でいくらでも見られます。
婚活ですから、男性は女性に興味はありますが、景色の写真を見せられて惚れることはありません。

2,旅行写真

旅行で充実している写真を載せる人がいますが止めましょう。
あまりに充実しすぎていると男性の中には自分に入り込む余地がないと感じてしまう人もいます。
そもそも、旅行の景色に女性自身が埋もれていませんか?
moteru85
それともそういう観光地、景勝地に女性自身が勝って目立つ写真になっていますか?

3,ペットとの写真

ペットと仲良くしている日常生活の1コマの写真を載せる人がいますが止めましょう。
ペットとの充実した生活は愛情が分散され、男性に十分注がれない可能性があります。
何より、友達が少ないのではないかと思われるからです。
moteru86
いかがでしたか?
ネット婚活では写真しか具体的なものがありません。
だからこそ、男性はプロフィール写真を楽しみにしています。
サブ写真と言えども気を抜かず最高の写真を選びましょう。

少しでも女性自身の日常生活が想像できるようにしてあげること、それがサブ写真の目的です。
男性は身勝手な妄想は得意ですが、リアリティのある日常の想像は苦手だからです。