電話は自分の都合に合わせて相手を拘束してしまうのに対し、メールはこちらの都合で送信しますが、それ以外(メールを読む/返信をする)に関しては、相手に委ねられるのがメリットです。
しかし、LINEの既読無視が問題となるなど、心のどこかで返信に対する希望を抱いているものです。
今回は、男性にとって返信が早い女性と遅い女性ならどっちがいいのかを説明していきます。

目次
1.メールの返信が早い女性のメリットとデメリット
2.メールの返信が遅い女性のメリットとデメリット
3.メールの返信は早いといいの?遅いといいの?

メールの返信が早い女性のメリットとデメリット

moteru18
メールの返信が早い女性のメリットとデメリットを紹介します。
メリットは何と言っても男性に対して興味があることをしっかりアピールできることです。
しかし、これには同時にデメリットがあります。
それは少々重いということです。

男性は気軽に「何をしてるのかな」という軽い気持ちでメールをしています。
そこに間髪を入れない速さで返信があると始めは「たまたま時間があって良かった」と好印象なのですが、何度もこれが続くと「もしかしてずっとメールを待ってるのかな」と感じ始め、場合によっては気持ち悪がられる可能性があります。

メールの返信が遅い女性のメリットとデメリット

メールの返信が遅い女性のメリットとデメリットを紹介します。
メリットは何と言っても余裕のある大人の女性をアピールできることです。
変にがっつかず、落ち着いて対応することで男性の方が焦りを感じ始めます。
moteru17
「あれ?興味がないのかな」「どうすればもっと興味を持ってもらえるのだろう」
こうやって男性に自分自身を追わせることができるようになります。

しかし、これにはデメリットも存在します。
それは男性が脈なしと判断して諦めてしまう可能性があることです。
先ほどにように「あれ?興味がないのかな」と思うところまでは同じですが、その後「だったら仕方ない」と諦めてしまうパターンは結構あります。

メールは気軽にできる連絡の1つなので、男性が女性を落としたいと思ってメールをしているかどうかは分かりません。
男性がすでに女性を気に入っている場合は良い方向に進むのでしょうが、そこまで気持ちが高まっていないのであれば何も始まらずに終了してしまうかもしれません。

メールの返信は早いといいの?遅いといいの?

メールの返信スピードは早くても遅くてもメリットとデメリットがあります。
大切なことは相手がどう受け止めているのかということです。
相手が暇なときは早い返信が喜ばれるでしょうが、忙しいときはあまりに遅く返信をしてくれると男性自身が気を遣わなくて済むので喜ばれます。
moteru19
いかがでしたか?
メールは相手に気を遣わさないことが絶対条件です。
内容の重要度や、相手の現在の状況などに合わせて早い返信と遅い返信を組み合わせると効果的です。

メールは相手がいてこそ成り立つものです。
男性のペースに合わせてタイミングを図ってあげることができれば最高ですね。