世の中にはたくさんのラブソングがありますが、ヒットする曲の多くは女性目線のものが多いです。
数では敵いませんが、男性目線のラブソングもなかなかいいものですよ。
今回は、そんな「男性目線のラブソング 男心がわかるヒットソング」を歌詞とともに紹介していきます。

目次
1.圧倒的支持 湘南乃風『純恋歌』
2.リアルな男心 ナオト・インティライミ『ありったけのLove Song』

圧倒的支持 湘南乃風『純恋歌』

moteru80
2006年に発売された男女共に圧倒的な支持を受けるヒットソングです。
この歌の中で特に男性目線がしっかりと描かれている部分の歌詞を紹介します。

・・・
馴れ合いを求める俺 新鮮さを求めるお前
お前は俺のために なのに 俺は俺のため
・・・

あくまで男性目線の解釈ですが、男性が陥りやすい状態がリアルに表現されています。
そしてポイントは、この男性は最終的に気付いたのであって、一度は女性の気持ちを考えずに行動していたことが分かります。

つまり、男性は女性を傷つけていることに気付かず、女性が傷ついたことが分かったときに初めて女性の気持ちに気付いてしまうものなのです。
もちろん、女性からずれば傷つくことなく気付いて欲しいのだと思いますが、なかなか難しいものです。

リアルな男心 ナオト・インティライミ『ありったけのLove Song』

moteru81
2014年に発売された素朴な男心を表現したラブソングです。
この歌の中で特に男心がしっかりと描かれている部分の歌詞を紹介します。

・・・
キミの未来をオレに預けてよ この手でいつまでも守るから
ずっと 二人で同じ景色を見てたい
・・・

素朴だけど、常に支え合っていきたいという優しさが溢れています。
最近は草食系男子という、一見弱々しそうな男性が増えていると言われていますが、そんな男性でも心の中では愛する人を守りたいという気持ちを持っているんです。

いかがでしたか?
湘南乃風『純恋歌』はアーティストの雰囲気通り、かなり男くさい、熱い歌です。
ナオト・インティライミ『ありったけのLove Song』はもう少しスマートな歌になっています。
しかし、どちらも共通して「女性を守りたい」という思いに溢れています。

実際の男性では感じないかもしれませんが、こういう歌が男性にも受け入れられている理由は、心の奥底で共感できるものがあるからに他なりません。

(参考URL)

http://www.oricon.co.jp/news/39736/full/

http://matome.naver.jp/odai/2136065716873093501