プレゼントを貰うと大喜びする女性の姿を目にすることはありますが、男性が大喜びする姿はあまり目にしません。
大げさに振る舞うことが恥ずかしいだけで心の中では大喜びしているものなのです。
今回はそんな男性が貰ってうれしいプレゼントをあるアンケート結果を元に紹介していきます。

目次
1.ネクタイ・ネクタイピン
2.財布・名刺入れ・キーケース
3.ハンカチ・靴下・手袋
4.その他

ネクタイ・ネクタイピン

moteru31
支持率は27%です。
ネクタイやネクタイピンはいくつあっても困らず、また重宝するアイテムです。
保管に困ることもありません。
大きな商談でもない限り、男性が選ぶネクタイやネクタイピンは同じようなものが多くなります。
そこに女性が選んだアイテムが入るといつもと違った雰囲気に同僚の女性が気付き、男性は「彼女からのプレゼントなんです」と誇らしげに語ることができます。

財布・名刺入れ・キーケース

moteru32
支持率は22%です。
これらのアイテムは社会人であれば毎日触れることがあるアイテムです。
場合によっては1日に何回も触れることがあります。
その度に彼女のことを思い出すことができます。

ハンカチ・靴下・手袋

moteru33
支持率は12%です。
手袋は時期によりますが、ハンカチや靴下はいくつあっても困らず、また重宝するアイテムです。
保管に困ることもありません。
男性にとって必需品でありながら、それだけを買いに行くのは面倒なので、穴が開くまで使ってしまうことも多々あります。

その他

他には「手作りお菓子」「服や靴」「欲しがっていた物」など様々ですが、割合から見ても少数派を考えられます。

いかがでしたか?
やはり男性は女性にお金を出させることに抵抗があるようで、高額なプレゼントは素直に喜べないようです。
実用的で普段使いができるものであればあるほど、男性に喜ばれる傾向にあることが分かります。
日々仕事に勤しんでいる自分のことをサポートしようとしてくれていると感じるので、愛を感じる男性が多いのでしょう。

(参考URL)

http://wol.nikkeibp.co.jp/article/trend/20141210/196685/?rt=nocnt

http://slism.net/love/present-what.html

ネット婚活で男性が思うチェックしているポイント

結婚をするには人柄が大切であることは言うまでもありません。
しかし、ネット婚活においてはまずプロフィールを気に入ってもらうところから入らなければなりません。
男性が女性のプロフィールのどこをチェックしているのかを押さえておきましょう。
今回は、ネット婚活における、男性がチェックしているポイントを紹介します。

目次
1.写真
2.年齢
3.タバコ
4.子の有無
5.希望する相手条件

写真

プロフィール検索では、始めから個人のプロフィールページは表示されません。
まずは小さなサムネイル写真と氏名、年齢、居住地程度の小さな項目です。
ここで重要なのは、何と言ってもその写真です。
サムネイル写真は登録するメイン写真が使用されます。
お気に入り写真を登録するだけでは少々不足です。プロフィールの印象の70%以上を写真が決めています。
moteru34
まずはあなた自身がその一覧ページを確認してみましょう。
その上で、どのような写真が効果的に見えるかを分析してください。
例えば、せっかくのサムネイル写真に全身写真などは不向きです。
女性自身が小さくなってしまいますから。

年齢

結婚をすることは、その先に子をもうける可能性もあります。
もちろん、男性自身とのバランスも考えなければなりません。
そのため、女性の年齢は気にしています。

ですから、年齢は若ければ良いというものではありません。
ただ、男性は自分よりも若干年下を求める傾向があるので、あなたにアプローチをしてくる男性は、あなたよりも5歳~10歳年上である可能性が高くなります。

また、年齢が「30代」のような年齢層で表現されていれば、相手も同じ年齢層で、実際は年下男性だったということもあります。
その場合は、細かな部分での年齢差が原因で出会いがダメになる可能性があることは知っておいてください。

タバコ

「タバコを吸っている女子をどう思いますか?」
こんなアンケートが実施されたことがあります。
その結果は次の通りです。
まあいいと思う:6.8%
気にならない:9.3%
心配になる:15.6%
魅力を感じない:68.3%
moteru35
もうお分かりですね?
タバコを吸う女性は敬遠されます。

子の有無

moteru36
男性は、離婚歴等はあまり気にしません。
子供がいるかどうかも大きな問題ではありませんが、子供を女性が引き取っているとなると話は別です。
離婚歴も出産歴も気にしないのに、子持ちであることを気にするのは次のような理由です。
「親子関係を築くことへの不安」
「実子ができた場合の家族関係への不安」
「自分とは関係のないDNAを継ぐ存在への嫌悪感」

男性は女性を、特に結婚をした女性に対しては一種の所有物のような感覚を覚えます。
「これは俺の女だ」みたいなやつですね。
だからこそ、良い気分はしないのです。

希望する相手条件

女性のプロフィールには希望する相手男性への条件が記載されています。
その中でも特に次の2つの項目には注意が必要です。
1,年収
2,年齢

1,年収

年収条件はとても重要ですから、女性にそこまでの年収がないのに相手男性にも年収希望をしないようであれば、真剣さを感じません。
しかし、一方で高年収を平気で希望するような女性にも魅力は感じません。
それでは、だいたいどのくらいを希望すれば良いのでしょうか。

日本人の平均年収は約400万円と言われています。
結婚をして女性が非課税枠でパートをすれば約100万円の収入が得られます。
つまり、好印象が持てる男性の希望年収は、約300万円~400万円ということになります。

2,年齢

男性の年齢を気にするのは当然のことです。
しかし、20歳代を希望する女性が、高収入の40歳代の男性にアプローチしても反応はありません。
また、最近は年の差婚が流行っていますが、それは芸能人のような特殊な環境でなければ成立しにくいでしょう。
moteru37
特に男性は「まだまだ現役」というプライドを持っています。
下手に希望年齢を入れてしまうと、男性のプライドを傷つけている可能性があることを知っておきましょう。

いかがでしたか?
男性は女性のプロフィールをかなりしっかりと見ています。
その上で、まだ見ぬ女性に思いを馳せ、想像を膨らませているのです。
プロフィールに嘘を書くことを進めているのではありませんが、まずは出会うことを重視した方が良いでしょう。