趣味は個人的なものですが、男性が思わず好感度を上げてしまう趣味というものがあります。
女性タレントなどのプロフィールを見るとよく分かると思いますが、男性に受ける趣味を書いている人がどれだけいることでしょう。
しかし、実演させると「は!?」と思うこともしばしばです。
今回はそんな男性に受ける女性がしておくべき趣味を5つご紹介します。

目次
1.料理
2.アウトドア
3.スポーツ
4.読書
5.お教室(茶道・華道・着付けなど)

料理

moteru41
これは鉄板中の鉄板です。
ただ、男性が求めるものは何も凝った料理ばかりではありません。
そういうものはレストランにでも行けば食べられます。
男性が求めるものは「冷蔵庫の残り物でできる家庭料理」です。
間違っても決められた1品や2品しか作れないとか、お菓子作りではダメです。

アウトドア

最近でこそ「山ガール」のようにアウトドアにはまる女性が特集されています。
つまり特集されるほど女性とアウトドアには共通するイメージがないのです。
男性よりも詳しくなる必要はありません。
決して便利とは言えない、決して清潔とは言えないアウトドアを嫌がらず楽しめる女性であれば十分です。
moteru42

スポーツ

男性はスポーツを見るのもするのも大好きです。
すべて女性と一緒に楽しめるものばかりではありませんが、女性とそういうスポーツを楽しめる間柄であれば最高です。
もし一緒にできないスポーツでも応援をすると言う形で関わってもらえたら男性は本当に幸せです。

読書

moteru43
これはギャップです。
何でもない時間をこういう知的な過ごし方をしていると分かればそれだけで株は上がります。
しかし、男性も意外と読書をしているものです。
中途半端に触れると、いかに浅いレベルかがすぐにばれてしまいます。
最近流行りの本でも、特定の作家でも構いません。
ただ、小説(特に恋愛物)やラノベは評価に値しません。
やはり、ハードカバーの紙媒体でこそ効果があるでしょう。

お教室(茶道・華道・着付けなど)

moteru44
これは先ほどの読書と同じくギャップです。
あまり堅苦しいお家柄だと引かれますが、それでも男性は「大和撫子」に憧れを持っています。
お茶や生け花、琴や着物の着付けなどは女性の品格を高めると言えます。
よほどの機会がなければ和服の女性に出会うことはないので、このような和の習い事を聞くだけで男性の頭には和服姿の女性が想像されてしまいます。
間違いなくポイントアップです。

いかがでしたか?
男性に受ける趣味は定番と言えば定番です。
ただ、芸能人と違った一般人の場合は簡単にそれを確認しようとします。
「今度一緒にどう?」とか「写メ見せて」など、悪気なく声をかけられることでしょう。
そこで対応できなければ一気に冷めてしまうでしょう。
どの趣味も始めるのに遅すぎるということはありません。
もしよかったら考えてみませんか?